ジムのお作法を考える

ジムってます?

昨今、24時間営業のジムが増えてきました。10年前くらいには、まだまだ入会金も高く、ジムに通うのもコストがかかるのでちょっとハイソな趣味のようなイメージでした。ところが最近は月会費も1万円を下回る通いやすいジムが増えました。健康のことを考えると何よりです。

自分が、トレーニングジムなんて通い始めた30年くらい前は、まだボディビルジムなんてのしかなくて、今では考えられないような素朴なジムが多かったです。プロテインも乳清のではなくて大豆蛋白でまずかった〜w

ジムへ通う人が増えたからこそ、なんとなくストレスに感じることが増えてきていると思うので、ちょっとマナーについて考えてみたいと思うです。それこそマナー講師としての考え方を。。。ちょっとまとめてみたいと思います。

ジムに通う

最近は、入り口でマスクの確認と検温、記録シートへの記入なんてお作法が増えていますよね。それとは別に施設に入る時の心構えからみてみましょう。

ジムへ入る時

子どもの頃、お店屋さんに入る時に「くーだーさーいーな」と入ってました。最近はそういう風習は見なくなったかもしれません。お店って公共施設ではなくて、他人さまのテリトリーなんですよね。だからそこに侵入する際には、入る宣言と「いらっしゃい」という店側の承認が必要だったんですよね。それがいつの頃からか。。。コンビニができたあたりからかな?あまりその意識がなくなっていったような気がします。自分は今でもお店に入る時は、「こんにちは〜」と入ります。コンビニくらいになると挨拶をされればするけど、ちょっと会釈するくらいですかね。でも店の人と目が合えば笑顔であいさつはします。

あいさつ

あいさつして入りますか?

「トレーナーがあいさつもしないのに、こっちがあいさつするの?」なんて思いますか?金を払っているんだからお客様だという意識があるからでしょうか…トレーニングにいらっしゃっている方の中で、積極的に挨拶をする方は少ないようなイメージがあります。店主でないトレーナーに挨拶する必要があるのかって思うかもしれませんが、他人様のテリトリーに入場するわけですから、まずは積極的に挨拶をなさった方が良いのではないかと思います。

あいさつをして嫌な印象が伝わることはありません。
「おはようございます1」「こんにちは」「こんばんは」
一言挨拶をするだけで、その後のコミュニケーションがスタートするかもしませんし、あるいは良い印象が相手の方にも残ると思います。
積極的に挨拶をしていきましょう。

タオル持ってます?

自分の汗を拭うためのタオル持ってますか?
最近観察をしていて、意外とタオルを持たずにトレーニングをしている方が多いような気がします。確かに器具ごとに使用後に拭くためのダスターや、最近はアルコールスプレーやペーバーが置かれている場合も多いですよね。それで拭えばということなのかも知れません。とはいえ、汗を滴らせた後でそれを始末するよりも、滴らせないように配慮することも他の方が快適にトレーニングをするために必要なことではないかと思います。
ぜひタオルもご用意いただきたい。

あわせて気になるのが、ベンチやヘッドレストに残る頭の油…皮脂。
トレーニングなさっている方は、お肉とかたくさん召し上がる方が多いのでしょうから、ますます皮脂がたっぷり出てしまうこともあるのではないでしょうか。。。半分イメージですがw
自分もお年頃ですから、自分の頭も気になります。頭に直接ベンチやヘッドレストがあたらないように、タオルをかけたりしながら使っています。良く拭いきれていない脂跡があり、使う前に良く拭いてから使ったりしています。
ひとりひとりが心掛けて使っていれば、気にせず使えるようになりますね。

つづく!

こんなネタを少しずつ書き溜めていきたいと思っています。
皆様のご意見も聞かせてくださいまし。

 

7か月前

コメントをどうぞ!

いいね! よかったら いいね!
読み込み中...