4月に思う

4月に思うこと

今年もすでに3ヶ月が終了。第二四半期に突入です。
私自身勝負の年として今年こそは安定した生活に向けてしっかりと地盤固めができるかどうか、その勝負の年になるのであ〜る。

3月31日スペースマウンテン

ちょうど年度切り替えの時に職場を去るシリーズ1回目。
スペースマウンテン。

クロージング作業をして、お花をもらって職場を後にしました。
懐かしいな〜〜そのあと4年後にここに戻ってくるとはその時には全く考えていなかったのに。

3月31日市川市立◎谷中学校

実際最後に行ったのはいつだったのかちょっと記憶にない。
よっぽど病んでいたのか。。。ほぼ記憶なし。

3月31日QVCジャパン

ここもジャスト31日じゃなかった気もするけど、在籍は31日まで。
不本意ながら職場を後にする。

最後のあいさつの時、涙が出る。

上司の「永かったからね〜」というトンチンカンなコメントに腹が立つw
やり残したことがたくさんあったので、ちょ〜悔しい退職だったのだが、その思いは誰も知らないw

あれから何年目の31日?

誰が辞めるとか、降格するとか、そんな話が流れてくる。
いまだに社員を大切にしていないのかな、なんて思う。
お世話になった方々ももうほとんど残っていないのだろうか。

ダニエル・キム 成功循環モデル

結果の質→関係の質→思考の質→行動の質→関係の質・・・
これが悪いパターン。結果を求めると、メンバーの関係性が悪くなり、思考の質も下がるよって行動が発展せず、結果にも影響がでる。

関係の質→思考の質→行動の質→結果の質→関係の質・・・
できればこっちがいい。メンバーの関係が良ければ、思考も柔軟になり発想が豊かになる。それが行動となって、結果に現れるだろう・・・というもの。

そんなこと言ったって、会社は結果あってのもの。。。
会社の結果って、本当は社員の自己実現が近しい目標で、その先に社会貢献がある。なんて理想的な話もあるけど、どうしても株主のために仕事をするってことになる。成熟した社会の中であれば、それが良好に働くのだろうけど現代はどうだろう。特に日本は。

関係の質を高めて、組織の力が高まり、アイデアあふれる環境で働くことができれば。
そんな組織をいつか作ることができればと考える今日この頃です。

まずは屋号からかな。

5か月前

コメントをどうぞ!

いいね! よかったら いいね!
読み込み中...